「疫病蔓延下でのヨッティングを模索する」、の巻

前代未聞の疫病蔓延により社会生活は大きな犠牲と変化を余儀なくされています。 このような状況下でもどうすればヨットをたのしめるか?とのセーラー共通の命題に答えを見い出すべく種々検討を重ねてみましたが、とどのつまり「海に出て実験してみなければ何もわからない。」との結論に至り、「それでは・・。」と6月27日の土曜日に運命の日を迎えたのでした…
コメント:8

続きを読むread more

Bravo Radioの新年会

令和の初めての正月の12日、YYC(横浜ヨットクラブ)のクラブハウスで新年会を開催しました。 当初は恒例通りクリスマスに集まるはずだったのですが各人の予定が合わず、それだったらいっその事「新年会」で、となりました。 今までとは違ってお正月だし・・・、それなら「和」のテイスト満載で徹底的に遊んじゃおう、という訳でメインは2種類の鍋にな…
コメント:2

続きを読むread more

今日は最高❗️

久々の快晴の元でのセイリング。 少し強めの風が「Bravo Radio」にはベストマッチ、重い艇体をグイグイと進めてくれます、心地良いヒールと共に・・・。 スキッパーはmm君、ジブシートトリマーはK君です。 (アッ、オーナーの私は広報担当、ということで。) グググっと手ごたえのあるブローにウインチを回す手にも思わず力が入りま…
コメント:4

続きを読むread more

Bravo Radioのメンテナンス

今年はなんとヨットに乗る機会の少なかったことか・・・。 それなのに、イヤ、それだからこそ、mm君から「艇のメンテナンスをしましょう。」と言う声があがったのはまことに当を得たものでした。 予定した日は快晴、ヨットで海に出るにはもってこいの日和でしたが、集まった有志の面々で陸上でのメンテナンス実施となりました。 先ず取り掛かったのは、…
コメント:2

続きを読むread more

涙のスバルザカップヨットレース2019

今年のスバルザカップは悲惨でした。 涙無くしては語れないストーリーをアップするべきか闇に葬るべきか・・・、さんざん悩んでいるうちに早1ヶ月以上経ってしまいました。 レースは最悪でしたが前後のたのしい回航やゲストの方々の参加記念のためにもようやくブログに残す決心がつきました。 明日が最悪の天候の中で修行の様なレースになるとは露知…
コメント:3

続きを読むread more

Bravo Radio、初夏の園遊会???

連休も過ぎて緑が一段と濃くなり、でもまだ梅雨には少し早いこの時期、拙宅の庭には青々とした梅の実がたわわに実ります。 あまりの量の多さに私一人では収穫もままならず、何時の頃からかヨット仲間の皆さんに声を掛けて摘み取ってもらっています。 せっかく集まるのだからと、ガーデンパーティーのような催しが毎年の恒例となりました。 今年もいつもの…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

平成最後のクルーズは・・・。

平成から令和に変わる10連休に三宅島をはじめとする伊豆諸島へのクルーズを計画していました。 しかしながら天気予報は快適なコンディションを約束してくれてはいません、それでもとにかく出かけよう、と私をはじめmm君、M嬢、K君が集まりました。 出航準備中は何とかもっていた曇天も、離岸すると同時にポツポツと降り出し前途多難な滑り出しとなりま…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

平成31年のシェークダウン

4月中旬、先月行ったシーズンはじめの整備後のシェークダウンを兼ねて久しぶりに海に出てみました。 少し肌寒さ残っていますが海に出るとやはり気持ちの良いものです。 行き先は横須賀軍港に決めました。 途中、横須賀基地に向かう南極観測船「しらせ」と並走、着岸を見物しました。 また、我が国最新の空母、じゃなかっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

BR X'mas 2018

毎年恒例となっている「Bravo Radio」チームのクリスマスの集いがヨットクラブのクラブハウス2階にて開催されました。 例年になく参加人数が少なかったのは残念ですが、それだけにより一層、仲間間の結束を深める事ができたような気がします。 特に今年から仲間になったK君が参加してくれたのは嬉しい出来事でした。 また、なかよし艇の「A…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

やっと約束が果たせました。

少し前になりますが、秋が深まってくる気配の、とある週末、かねてより約束していたお友達にやっとヨットに来てもらう事ができました。 彼女は毎年、スバルザカップ・ヨットレースの度にご家族と「海ほたる」まで応援に来てくれるのです。 過日、千葉の保田に入港したさいには陸路から訪艇してくれた事があり、その時にヨットに乗せてあげる約束をしていたの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BRチーム結成25周年記念パーティー

早いもので、「Bravo Radioチーム」結成から25年の月日が流れました。 古参レディースの集まり(「古株レデイース」と呼ばれています。)の中から25周年の記念パーティーをやろう、との声が上がり彼女たちを中心に一年前から構想を練ってくれていたそうで、平成30年10月6日に熱海の拙宅で開催の運びとなりました。(サトちゃん、はんちゃん…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

タモリカップヨットレース・2018

晩夏を飾る「タモリカップヨットレース・2018」が9月1日(土曜日)、横浜ベイサイドマリーナ沖で開催されました。 私達にとって、スバルザカップと並んでたのしみにしているヨットレースで毎年欠かさず参加させてもらっています。 なんといっても「レースにあまりマジメではない。」というコンセプトが正に私達向きなんです。 今年の参加艇数は17…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

晩夏のセイリングもやっぱり生ビールだぁ

8月18日、殺人的な酷暑がつい一昨日まで続いていたのに今朝は掛け布団が恋しい程の気温になりました。 天気にも恵まれ、めったにないほどのヨット日和となりました。 集まったのは4名、スバルザカップ以来、約一月ぶりのセイリングです。 こんな日にはやっぱり生ビール、と誰ともなく進路は観音崎外の某マリーナに。 着岸…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

スバルザカップ2018回顧録

今年の夏は周りが何かと騒がしく、「ブログのアップをしなければ」、と思いつつも日時だけが慌ただしく過ぎ、期を逸っしてしまいました。 このままトボケちゃおう、と思っていたら世田谷方面の大向うが「スバルザカップのブログはどうした!」と激怒されているとの噂を聞きつけ、慌てて取り繕うこととなりました。 回顧録となったのはそのためなのですが、ア…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

一足早く夏を満喫。

今年は「記録的な短い梅雨」とかで空にはもう真夏の雲。 スバルザカップヨットレースを間近に控えたとある週末、ちょっと強風でしたが練習を兼ねて出艇してみました。 集まったのは新人クルーのK君を含めた5名です。 ヨットクラブに上架してある艇のリギン(マストを支えるステー)がハデに音を立てています。 強風がリギンにあたり、その風切り音が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

”梅摘み”と”ピザパーティー”

今年も庭の梅の木(南高梅)がたくさんの実をつけました。 とても消費しきれないのでヨットクルーの皆さんに集まってもらい摘み取っていただきました。 せっかく集まるのだから、とついでにピザパーティーもたのしんじゃおう、と言う企画です。 今ではすっかり毎年の恒例イベントになり、今年も遠くは関西、新潟から参加してくれた方々も・・・。 先ず…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

久々のクルージング

停泊中に訪艇してくれた可愛いお友達です。 大きくなったらレース、手伝ってね。 さて、ほんとうに久しぶりのクルージングでした。 そう言えば、昨年9月のタモリカップヨットレース以来、海に出でいなかったのです。 横浜に居住していた頃には考えられなかった事ですが、熱海に転居してからはだんだんとヨットが遠くなってきました。 一時…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

Bravo Radioの新年会

2月に入ってから″新年会″って言うのもナンですが、要はたのしく集まるのがBRチームのポリシーです。 ある週末、世田谷は用賀駅至近のTrattoria ″Aletta″に集合しました。 ここは、チームメンバーのひ~ちゃんのご主人がやっているカジュアルなイタリアンのお店です。 (ご予約はこちらへ 03-6447-9363) …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

航海計器(NAVMAN3100)の修理

何かと慌ただしく、加えて10月は週末ごとに天気に恵まれず、11月は週末ごとに陸でのイベントが続き、9月のタモリカップ以降ヨットに乗っていない事に気付きました。 こんなに長い間ヨットに乗らなくても大丈夫になっちゃったのは歳のせいでしょうかねぇ。 先日、所用もあって久しぶりにヨットクラブに足を向けた時、ハタ!と思い出しました。 そうい…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

タモリカップ2017

9月9日、重陽の節句(古いね!)のこの日、今年も「タモリカップヨットレース2017」がやって来ました。 昨年はドシャ降りの雨に戦意を喪失、早々に戦線を離脱しましたが、今年は打って変わっての晴天、「昨年の雪辱を」と臨んだレースの顛末はどうだったのでしょうか? 早朝の出港に備えて前日に艇を下架しておきました。 手前の艇(風神)…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more